2017年08月27日

キャンプへの道のり

夏休みも終盤。子どもたちは宿題を終えているでしょうか(^_^;)

ガールスカウトの夏といえば、キャンプです。
一般のキャンプイベントに参加する場合と違うところは、スカウトたち自身が、日頃の集会活動でキャンプまでの期間に少しずつ、いろんな体験を通して準備を重ねるところでしょうか。
「キャンプは、スカウト活動の集大成」とも言われています。

救急の集会はいざというときに慌てないように、自分でできる「自分を守ること」を増やします。
荷物を自分で詰めることは、物を管理する力をつけます。
20170805.jpg
20170801.jpg


あれこれ、準備を経てスカウトたちは、キャンプに臨みます。
さらに今年は、ガールスカウト奈良県連盟が50周年を迎える記念のインターナショナルキャンプ(韓国とタイから参加)が開催されました。県下の全部門が一堂に会するキャンプは周年事業ならではです。
テンダーフット(修学1年前)からレンジャースカウト(高校生年代)、成人も海外スカウトとの交流を楽しみました。
20170802.jpg
20170803.jpg

韓国とタイ、それぞれ民族舞踊を披露してくれました。

20170804.jpg
20170806.jpg

小雨が心配されたので残念ながら室内での開催となったキャンプファイヤーでは、韓国リーダーが小熊の歌を振り付きで教えてくれました。言葉がわからない小さなスカウト達も、一生懸命振りをまねて楽しんでいました。

夜が怖いスカウト、お母さんが大好きで離れたくないスカウト、荷物整理が苦手なスカウト…。
それぞれのスカウトが、一回り大きくなってお家に帰って行きました。
posted by GS Nara30 at 15:08| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

平城宮跡での活動

しばらくぶりのブログ更新ですm(_ _)m

5月の活動の多くは平城宮跡でした。
今年も春の天平祭の「ものづくり広場」でかざぐるまコーナーをお手伝いしました。
2017050501.jpg

年長スカウト(高校生)も立候補してくれ、来場の子どもたちにかざぐるま作りを教えてくれました。
可能な限り子どもさんにハサミやペンチなどの工具を使って作っていただきます。
工具を使い慣れてなければ手を添えてあげる、針金が安全に扱われているか…など気にすることはたくさんありますが、じっくり見守りながら対応してくれています。
できあがると子どもたちは必ず「ありがとう」と言ってくれます(^^)
小さなひと言ですが、対応したスカウトたちも「必要とされている」ことを認識し、また自分も他の人に「ありがとう」を言える人になってくれるのだと思います。

また5月22日は『ガールスカウトの日』で、22日前後に日本中のガールスカウトたちのイベントが行われます。
私たち30団は月末になりましたが、28日に地元の平城宮跡を巡りながら、出会う観光客の方やボランティアガイドのみなさんに絆創膏ホルダーをお渡しするイベントを企画しました。
観光スポットって地元にいるとなかなかじっくり行くことがないもので、ましてや広大な敷地の平城宮跡を隅々まで巡るとなると……。今回は私たちにとってもよい機会となりました(^^;)
お会いした方々も近畿圏のほか岐阜、愛知、静岡など奈良の人より多かったです。みなさん奈良を訪れていただき、ありがとうございます。
2017052802.jpg
ここは、日本庭園の発祥の地とも言われるのですが、子どもの手にかかれば雅な曲水の流れもこの通り…(^^;)

2017052801.jpg
この日はよく歩きましたが、広場を見つけると、さらに走り回ります。元気な30団のスカウトたち!




posted by GS Nara30 at 10:51| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

防災の月 〜 KIZUNA DAY 〜

3月11日前後に日本中のガールスカウトは「KIZUNA DAY」と題した集会を行い、東日本大震災を忘れないことや、防災への備えを確認しています。

私たち30団も3月は『防災』をテーマにした集会を行いました。

まずは、避難所に見立てた「おにぎり作りスタッフ募集」という想定で、スカウトがおにぎり作りをしました。
お米研ぎから後片付けまで、蛇口から出る水は使用せず、汲みおいた水で1日の作業を行いました。
2017030101.jpg
2017030102.jpg

2017030103.jpg
2017030104.jpg
また、ご飯を炊いている間は、楽しくゲームをしました。
テーブルに置いてある非常時に役立ちそうな品物を1分間見て覚えて、メモを取るゲームです。
「なにがあったかな…」みんなで思い出してメモはブラウニー(小学低学年)が一生懸命に書いています(^^)/
『できる人ができることをする』チームワークが自然に成り立っていますね〜!

いざという時、小さなこどもは『助けられる』立場であることが多いですが、小さな時から人に役立てるように行動したり、『自分で自分を守る』ことを知ることで小さいながらも減災に貢献できると思っています。
これからも、何度も楽しく訓練を行って、身につけてくれたらいいなぁとリーダーたちは思っています。
posted by GS Nara30 at 15:22| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする