2017年11月05日

収穫の秋 いろんな意味で。

怖いほどの雨量と季節外れの台風…。
今年の10月ほど悪天候に悩まされたことはなかったのではないでしょうか。
幸い30団では、予定していたプログラムを変更することなく実施できました。

30団としては初の試みで、一泊二日の日程で10月の団キャンプを実施。
盛夏を避けた穏やかな気候の中でのキャンプは、スカウトも大人ものんびり過ごすことができたように思います。
二日目は、スカウト家族を交えてバーベキューで親睦を深めました。
夏休みに実施するより期間は短くなりますが、やり方次第では十分に目的を達成できるのではないかと思いました。
2017106706.JPG

2017106705.JPG
電気も電池も使わないおもちゃ、お昼に作った万華鏡にご満悦!
2017106704.JPG
「お手伝いしたい!したい!した〜い!!」夕食の後片付けも争奪戦。いつまでお手伝いしてくれるのだろう(笑)
2017106703.JPG
「まだかな〜」ドキドキ。2日目には新しいお友だちを「ウェルカムボード」をもってお迎えしました。
2017106702.JPG
活動報告の様子。みんなでどのようにするかを考えて、「一人づつ言う」ことになりました。ブラウニースカウトにとっては初めてことでしたが、これから回数を重ねるごとに上手になっていきます。
体験することがタネとなり、「次はこうしよう」を思えることが新しい収穫につながります。
出番待ちスカウトのグダグダな姿はご愛敬ということで(^_^;)
2017106701.JPG
そして、BBQパーティ! メントスサイダーも盛り上がりました

10月の終わりには、畑のサツマイモ掘り集会も行い、この10月は収穫の多い月でした。
posted by GS Nara30 at 13:08| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

地域も自分も大切に

毎年9月、奈良県下で清掃奉仕のクリーンキャンペーンが実施されます。
30団は集会活動でもよく遊ばせてもらっている平城宮跡コースに参加しました。
清掃奉仕は、地域への感謝の気持ちや『ごみを落とさないマナー』を持つことにも繋がります。
スカウトたちはその意気込みの割にごみが少なくて「ゴミがない!」と愚痴ってましたが、「これっていいことなんだよ」となだめていました(^^;)

平城宮跡や、さらに多くの観光客でにぎわう奈良公園でも落ちているごみは少なめです。
ゴミがないから、ゴミをポイ捨てしない環境もまた生まれるのだと思います。スカウトたちが率先して「ポイ捨てやめよう」とお友だちにも言ってくれるようになればいいなと思っています。

2017090302.jpg
ごくろうさま!ちょっと良いことして、晴れやかな表情…かな?

9月の「親子ひろば」は《自分をもっとすきになろう》をテーマに集会をしました。
自分が好きなことをしているシーンをジェスチャーゲームで表現したり、お友達に「自分の良いところ」を見つけてもらったりしました。
2017091101.jpg
自分の好きなことを演じているだけて、この笑顔!

世界中のガールスカウトでは、メディアなどを通して与えられる《容姿に対するプレッシャー》に疑問を持ち、自分らしくあることが大切だよと知る機会を提供しています。

容姿に自信がないために自分の思いや意見を言わないという調査結果もあります。このことは、本人が持っている可能性を最大限に活かすことなく日々を送っているということ。
子どもたちが「目指す容姿」の人が、画像修正された架空の人物であったら…。幻に翻弄されていることになります。
最近は「痩せすぎのモデルは使わない」などファッション業界でも動きが出てきています。
女の子だけでなく、男の子も、全ての性別で、自分らしくあれる時代は近いかもしれません!
posted by GS Nara30 at 15:54| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

キャンプへの道のり

夏休みも終盤。子どもたちは宿題を終えているでしょうか(^_^;)

ガールスカウトの夏といえば、キャンプです。
一般のキャンプイベントに参加する場合と違うところは、スカウトたち自身が、日頃の集会活動でキャンプまでの期間に少しずつ、いろんな体験を通して準備を重ねるところでしょうか。
「キャンプは、スカウト活動の集大成」とも言われています。

救急の集会はいざというときに慌てないように、自分でできる「自分を守ること」を増やします。
荷物を自分で詰めることは、物を管理する力をつけます。
20170805.jpg
20170801.jpg


あれこれ、準備を経てスカウトたちは、キャンプに臨みます。
さらに今年は、ガールスカウト奈良県連盟が50周年を迎える記念のインターナショナルキャンプ(韓国とタイから参加)が開催されました。県下の全部門が一堂に会するキャンプは周年事業ならではです。
テンダーフット(修学1年前)からレンジャースカウト(高校生年代)、成人も海外スカウトとの交流を楽しみました。
20170802.jpg
20170803.jpg

韓国とタイ、それぞれ民族舞踊を披露してくれました。

20170804.jpg
20170806.jpg

小雨が心配されたので残念ながら室内での開催となったキャンプファイヤーでは、韓国リーダーが小熊の歌を振り付きで教えてくれました。言葉がわからない小さなスカウト達も、一生懸命振りをまねて楽しんでいました。

夜が怖いスカウト、お母さんが大好きで離れたくないスカウト、荷物整理が苦手なスカウト…。
それぞれのスカウトが、一回り大きくなってお家に帰って行きました。
posted by GS Nara30 at 15:08| Comment(0) | 集会 Programme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする